お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶︎
このエントリーをはてなブックマークに追加

こだわりが満載! レストランウェディングの流れとは?

こだわりが満載! レストランウェディングの流れとは?

最近では結婚式の形式が多様化し、レストランウェディングも定番の結婚式スタイルとなりました。
とくに「お料理にこだわりたい」「ゲストとの距離が近い式にしたい」といったこだわりの強い方に人気です。

ホテル挙式のようにかしこまった雰囲気ではなく、アットホームでわいわいと楽しめるのがレストランウェディングの魅力。
実際にレストランで結婚式を行ったご夫婦や、参加したゲストたちの満足度も高く、レストランウェディングは今注目の結婚式なのです。

しかし、これから結婚式を考えているという方の中には、「いまいちレストランウェディングがどのようなプログラムで進むのか分からない」という方も多いでしょう。
そこで今回は、レストランウェディングの大まかなプログラムの流れについてご紹介いたします。ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

レストランウェディングの一般的な流れ

レストランウェディングは決まった形式や演出はないため、一般的な結婚式の流れを参考にしながらプログラムを決めていきます。
自分たちの結婚式にとって必要な演出、不必要な演出を分けられるので、「こんな式にしたい」という具体案が出ている方にとっては嬉しいポイントでしょう。

一般的によく行われているレストランウェディングの流れをご紹介します。

<挙式>

1. 開式の挨拶
2. 新郎新婦入場
3. 誓いの言葉
4. 結婚誓約書の記入
5. 結婚指輪の交換
6. 誓いのキス
7. 結婚宣言
8. 新郎新婦退場

挙式は人前式が多く、その際は司会者によって進行されます。
また、上記のプログラムの順番を入れ換えたり、何かをプラスしたり抜いたりしてもOK。
リングガールやベールボーイなどで、親戚やゲストのお子さんに参加してもらうのも楽しいですね。
挙式の内容や演出までも自分たちで決められるので、思い出深い結婚式を実現することができます。

<披露宴>

1. 開会の言葉
2. 新郎新婦入場
3. 新郎新婦挨拶
4. 乾杯
5. 食事開始
6. ケーキ入刀、ファーストバイト
7. 余興
8. お色直し
9. スライドショー、キャンドルサービス
10. 新婦から両親へ手紙の朗読
11. 両親へ記念品贈呈
12. 新郎挨拶
13. 新郎新婦退場

上記の流れは一般的なモデルプランですが、自分たちの好きなように組み合わせてOK。
司会については、友人に頼んで進行してもらったり、新郎自らが司会進行を行うというカップルもいるようです。

また、新郎新婦入場後の挨拶ですが、これはお祝いに駆けつけてくれたゲストへの感謝の気持ちや、楽しんでいって欲しいなどの簡単なスピーチをします。
その後の乾杯では、新郎の上司や先輩にお願いするのが一般的のようです。

さらに、レストランウェディングの大きな魅力となるのは、やはりレストランならではのお料理。
おいしいお料理でゲストをおもてなししているからこそ、あまり余興などにこだわらず歓談タイムを多く取るということも珍しくありません。

自分たちはもちろん、ゲストが大いに楽しめる結婚式を行いたいという方にもレストランウェディングはおすすめです。

こだわりが満載! レストランウェディングの流れとは?

レストランウェディングと一口でいっていても、一軒家レストランやガーデンつきレストランンなど、その種類はさまざまです。
式場を決める前にまずは「自分たちの結婚式にとって何が一番大切で、重視すべきポイントなのか」を絞っておくと、選びやすくなりますよ。

また、レストランウェディングは式の流れを自分たちで決めることはもちろん、会場の飾りつけや席次なども全て自分たちで行うことができるというのもポイントの1つ。
こだわりをたくさん詰め込んだ結婚式で、最高の思い出を作り上げましょう。

東京ガーデンウェディング
Page Top