お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶︎
このエントリーをはてなブックマークに追加

夕方のガーデンウェディングが素敵。メリットとおすすめ演出

夕方のガーデンウェディングが素敵。メリットとおすすめ演出

ナチュラルで温かな雰囲気と、オシャレなムードが演出されるガーデンウェディングは、近年大人気のウェディングスタイルとなっています。
一般的には、太陽の日差しが明るく照らしつけ、たくさんの緑と花々に囲まれながら挙げる昼時の結婚式を選ぶ方が多いですが、実は日が落ちかける“夕方”を狙った結婚式もとても素敵なのです。

今回は、大人なムードとロマンチックさが醸し出される夕方のガーデンウェディングの魅力と、おすすめの演出方法をご紹介いたします。

夕方のガーデンウェディングの魅力とは?

・日が落ちる前と落ちたあとの2つの顔が楽しめる
まだ完全に日が落ちていない夕方時にガーデンウェディングを行うことで、昼間の明るさと夜の物静かな大人のムードを堪能することができます。
季節や時間帯にもよりますが、夕方の少し遅い時間を希望すると夕日がゆっくりと沈んでいき、徐々に空の明るさが変わっていくところも楽しめるのも魅力です。

・平日でもゲストが参加しやすい
平日昼間の結婚式では、ゲストが朝から会社や仕事の調整をつける必要がありますが、夕方からの結婚式であれば仕事を済ませてからでも参加しやすくなります。
結婚式の日取りが決まってからすぐにゲストに連絡をして、平日の夕方○○時~と早めのアナウンスをしておくことがポイントです。

・ゆっくりと支度ができる
午前中やお昼時の結婚式の場合、新郎新婦の朝はとても早くなります。
忘れ物をしないように確認してから式場に向かい、挙式の最終確認やヘアメイク、ドレスへの着替え、写真撮影などやるべきことはたくさん。
分刻みのスケジュールで、時間に追われながら式本番を迎えるということも珍しくありません。

しかし、夕方からの結婚式であれば余裕をもって支度を済ませることができます。
結婚式の当日は、準備のひとときも大切な思い出になるもの。
ゆっくりと挙式の本番に備えて、ゲストを迎えられるのも夕方ガーデンウェディングの魅力の1つです。

夕方のガーデンウェディングに取り入れたい演出

・キャンドルを灯して幻想的なムードに
日が落ちて、辺りが暗くなり始めたときにキャンドルに火を灯すと、暗がりの中に揺れる炎が幻想的なムードを醸し出すことができます。
大小さまざまなキャンドルを用意すれば、よりオシャレな雰囲気になりますよ。
バルーンや装花などとの組み合わせを楽しんで、個性をアピールしましょう。

・LEDライトで装飾したアーチの下をくぐって
会場の入り口やテーブルの近くに電飾を施したアーチを設置すれば、ロマンチックな空間が演出されます。
思わずうっとりと見とれてしまうようなアーチの下を新郎新婦がくぐれば、ゲストからの祝福の声もより一層大きなものに。
アーチだけではなく、ゲストのテーブルや高砂の背景などにも明かりを使った飾り付けをして、夜の雰囲気とライトの輝きのコラボレーションを楽しむのもおすすめです。

意外と見落としがち?「ネイルケア」

夕方に挙げるガーデンウェディングは、ゲストにとっても新郎新婦にとってもメリットがたくさん。
開放的な雰囲気とロマンチックなムードの両方が得られるので、他にはないオリジナリティの高い式にすることができます。

夕方のガーデンウェディングを成功させて、一生の思い出となる結婚式をより印象的なものにしましょう。


東京ガーデンウェディング
Page Top