お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶︎
このエントリーをはてなブックマークに追加

レストランウェディングは「ご祝儀制」と「会費制」どちらがいい?

レストランウェディングは「ご祝儀制」と「会費制」どちらがいい?

少し前までは結婚式といえば「ご祝儀制」が主流でしたが、最近ではウェディングスタイルが多様化していることからも、「会費制」のを選ぶ方も増えています。
また、これと同じように最近人気となっている結婚式といえば、お料理のおいしさやアットホームさが魅力のレストランウェディング。

ゲストも喜ぶレストランウェディングを挙げるときには、ご祝儀制と会費制のどちらがいいのでしょうか。それぞれの特徴やメリットなどを見ていきましょう。

「ご祝儀制」と「会費制」それぞれの特徴をおさらい

・ゲストや親族からお祝い金をいただく「ご祝儀制」
結婚式に参加するゲストや親族からご祝儀をいただき、新郎新婦からは引き出物やプチギフトなどをお返しするというのがご祝儀制の特徴です。
ご祝儀の金額に絶対的な決まりはありませんが、友人だと3万円程度、親族だと3~10万円程度が相場だといわれています。
また、引き出物は最近では定番モノだけではなく、オシャレで使い勝手の良い化粧筆や水筒などの変わりダネも好まれています。
披露宴の終わりなどに贈られるプチギフトは、入浴剤やお菓子などの手のひらサイズのものが多いようです。

・新郎新婦が値段を設定する「会費制」
会費制の特徴は、一般的なご祝儀の相場よりも低い価格を設定し、結婚式への参加費としてゲストに支払っていただくというのが特徴です。
会費の相場は約1万円~1万5千円程度とされていることが多く、ご祝儀の額よりもぐんとゲストの負担額が下がることから、最近ではこの会費制を選ぶ方も増えています。

また、会費制の結婚式の場合、新郎新婦からゲストへ贈る引き出物やプチギフトは基本的に用意しないというのも特徴の1つです。
会費制としてゲストの参加費を抑えるかわりに、お返しの部分にかかる費用も抑えるというパターンが多いようです。

レストランウェディングには「ご祝儀制」と「会費制」どっちがいいの?

レストランウェディングの場合、ご祝儀制と会費制のどちらが正解かという答えはありません。
しかし、厳粛なムードで結婚式を行いたいという方にはご祝儀制が選ばれ、よりカジュアルな形で結婚式を楽しみたいという方には会費制が好まれているようです。

また、年配の方の中には会費制に馴染みがなく、ご祝儀制のほうが良いと考える方も多いもの。
会費制の結婚式を行う場合には、前もって両親や祖父母にもきちんと説明をしておくことが大切です。


カジュアルな会費制レストランウェディングをパーティー形式に

カジュアルな会費制とレストランウェディングを合わせた結婚式を行う場合、ゲストと新郎新婦の距離も近く、わいわいと楽しむことができる立食形式のパーティーも人気です。
レストランウェディングならではのおいしいお料理を、ゲストが好きなタイミングで好きなだけ堪能することができ、見た目もグッと華やかになります。

カジュアルな会費制レストランウェディングをパーティー形式に

ゲストを心からおもてなしして結婚をお祝いするご祝儀制と、ゲストと新郎新婦が1つになってわいわいと楽しく喜びを分かち合う会費制。
どちらも素敵な魅力があるウェディングスタイルです。
レストランウェディングを挙げる際には、どちらがご自身に合っているかご検討してみてください。


東京ガーデンウェディング
Page Top