お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式で「子どもゲスト」を楽しませるおもてなしアイデア5つ

結婚式で「子どもゲスト」を楽しませるおもてなしアイデア5つ

結婚式に招待した親族や友だちが子連れで参列する場合、その子どもたちも大切なゲストです。

しかし、幼い子どもたちにとって、挙式や披露宴の長い時間を大人しく過ごすことはすごく大変なこと。
すぐに飽きてしまいやすい子どもでも楽しく参加できるような、配慮や工夫をしておくことが大切です。

子どもたちやパパママにも喜ばれる演出をこらして、笑顔があふれる素敵な結婚式を計画しましょう。
今回は、子どもゲストたちを楽しませるためのアイデアを5つご紹介いたします。

子どもゲストも大喜び! 結婚式に取り入れたい演出5つ

1. 子どもたちが参加できる演出を用意する
可愛らしい子どもたちが結婚式に参列してくれるなら、演出のお手伝いを頼むというアイデアがおすすめです。
ゲストへ結婚式の招待状を送るときに、子どもたちに結婚式の演出の一部を手伝ってもらえるようお願いしてみましょう。

リングピローを運ぶリングガールやリングボーイ、ベールのすそを持つベールガールなど、子どもゲストが活躍する場面はたくさん。
フラワーガールやフラワーボーイとして、バージンロードに花びらをまいてもらうなどの簡単なお手伝いをしてもらいましょう。

結婚式をサポートしてくれた子どもたちには、お手伝いのお礼としておもちゃやお菓子のプレゼントを忘れずに用意しておくことも大切なポイントです。

2. キッズスペースを用意しておく
会場の一部に、子どもたちが遊べるキッズスペースやキッズテーブルを用意しておくと、式に退屈した子どもたちも楽しく過ごすことができます。
おもちゃやぬいぐるみ、お菓子などを用意しておけば、きっと子どもたちも夢中になってしまうはず。
赤ちゃんのいるゲストのためにベビーベッドも用意しておくと親切です。

3. 子どもにカメラマンになってもらう
子どもたちにカメラを渡し、小さなカメラマンとして結婚式を自由に撮影してもらうというアイデアも人気の演出の1つです。
大人の目線ではなかなか撮影できないような、子どもならではの素敵なウェディングフォトが撮れることでしょう。
高価なデジカメを渡すのが不安な場合には、使い捨てカメラを渡すという方法もあります。

4. 会場を彩るアイテムを用意
結婚式の最中で、ペンライトや光るブレスレットを子どもたちにプレゼントすれば、子どもたちの楽しい遊び道具になることはもちろん、会場が華やかになって彩りをプラスすることもできます。
光るアイテム以外にも、シャボン玉を用意して子どもたちに遊んでもらったり、色とりどりのバルーンを手渡すという方法も。
子どもたちが思い思いに遊んでいる姿は、会場内を明るく和やかな雰囲気にしてくれます。
楽しく遊びながら過ごすことができ、それを見ている大人も笑顔になれる、一石二鳥のアイデアです。

5. 子ども連れのパパママへも配慮して
子どもゲストがいるときには、子どもが泣いたり騒いだ場合や、お手洗いへ行くときなどのことも考えておくと安心です。
子ども連れのゲストの座席は、すぐに会場の外に出られる場所に配置しておくようにしましょう。

また、子ども連れのパパママは、万が一のときの着替えやオムツなど、荷物が多くなりがち。
そんなパパママのためにも大きなバッグを置ける場所を用意したり、授乳のためのスペースを案内しておいたりすることも大切です。

ガーデンウェディングで使いたいナチュラル派リングピロー3選

せっかくならば、結婚式に参加してくれる子どもたちにも素敵な思い出を作ってもらいたいもの。
すべてのゲストが安心して結婚式を楽しめるよう、最大限の気遣いを心掛けましょう。

東京ガーデンウェディング
Page Top