お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

こだわり満載の“少人数結婚式”はどのくらいの準備期間が必要?

こだわり満載の“少人数結婚式”はどのくらいの準備期間が必要?

近年では、家族や親しい友人だけを招いて行う“少人数結婚式”に注目が集まっています。
少人数結婚式ではゲストとの距離が近いため、アットホームな雰囲気を楽しめるのが魅力。

さらに、結婚式に必要なペーパーアイテムやお料理、引き出物などの用意が少なく済むため、演出にこだわることができる上に、準備期間も短縮できるというメリットがあります。
「結婚式準備はなるべく短くしたいけど、演出や装飾に妥協したくない」というカップルにこそ、少人数結婚式はおすすめなのです。

では、具体的にどのくらいの準備期間があれば少人数結婚式が挙げられるのか、詳しく見ていきましょう。

少人数結婚式の準備期間は“3か月”でOK!

たくさんのゲストを招いて行う一般的な結婚式では、半年~10か月ほどの準備期間が必要だといわれています。

これは式場選びも含めた期間ですが、ゲストの人数が多くなると、招待状の送付や席次決め、ペーパーアイテムの用意、引き出物やプチギフトの準備などに時間がかかってしまうため。
1つ1つのアイテムや演出にこだわりを詰め込みたいという方の場合、1年をかけて結婚式を計画するというケースもあります。

これに対して、ゲストが30名未満程度の少人数結婚式では、準備期間は3か月もあればOK。
ペーパーアイテムや引き出物などの用意する数が少ないため、こだわりを詰め込んでもスムーズに準備することができます。
また、ゲスト用の結婚式アイテムにかける時間が上手に短縮できるので、手作りのウェディングボードやフォトブース作りに挑戦して、オリジナリティの高い結婚式を演出することが可能です。

3か月間の結婚準備の流れとは?

親しい人たちだけで行う少人数結婚式といえども、何もかもを短縮するわけにはいけません。

とくに、ゲストに送る招待状は、一般的な結婚式通りの日程で送付することが大切です。
結婚式の日取りが決まったら、約2か月前には招待状を発送しましょう。締め切り日は、結婚式の当日から約1か月前に設定するのがおすすめです。

万が一、結婚式の日取りが急になってしまった場合には、招待状を発送する前に電話や口頭などで直接伝えておくのがベター。
これから結婚式を挙げること、急な日程になってしまったことなどを告げ、改めて招待状を送りましょう。

ゲストへの招待状発送が完了したら、次はウェディングドレス決めや料理決め、引き出物の用意、ペーパーアイテム準備、披露宴の演出決めなどの準備にうつります。
結婚式準備リストを作って並べてみると、初めはやるべきことの多さに驚いてしまいますが、少人数結婚式であればサクサクと準備が進んでいくため安心です。

こんなフォトプロップス見たことない! 一風変わったおすすめデザイン

3か月の準備期間で行う少人数結婚式を成功させるためには、ウェディングプランナーの協力が欠かせません。
経験豊富なウェディングプランナーの提案や指示をよく聞き、スケジュールを予定通りこなしていくことで、無理なく準備を進めることができるのです。

そのため、少人数結婚式を挙げる式場を探す際には、頼れるウェディングプランナーがいるかどうかを重視することも大切です。
式場見学やブライダルウェアに参加するときには、スタッフなどにも注目してみてくださいね。

東京ガーデンウェディング
Page Top