新たな味わい”オレンジワイン”

2014 Ribolla di oslavia riserva / Primosic S.r.l
葡萄品種 : Ribolla Gialla 100%

木々の葉も赤や黄色に色づき、秋色深まる季節となりました。
今回お勧めするワインは、イタリア北東に位置する、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州で造られる、オレンジワインです。
造り手であるプリモシッチのワイナリーは、フリウリ州の東の産地、コッリオに位置し、コッリオで最も早く瓶詰めワインを造った生産者としても知られていています。
丘陵地のため段々畑が多いコッリオですが、このエリアには特徴的なPonca(ポンカ)と呼ばれる幾層にも重なり、鉄分や石灰を多く含んだ沖積土壌が見受けられます。手で触るともろく砕けてしまうほど柔らかな土壌は水はけが良く、ミネラル分に富み地中深くまでしっかりと根が入るためブドウの生育に良い影響を与えています。
今回ご紹介する、オレンジワインとは、白ワインを造る際に、白葡萄の皮や種も一緒に長時間漬け込んで醸造するワインのことを指し、その名の通りオレンジ色の外観と、皮由来の香りや渋みを伴う味わいが特徴です。
まだあまり市場で見かけることは少ないですが、和食やフレンチ、中華料理など、様々な食事に合わせられるワインとして、近年注目を集めています。
また、プリモシッチのオレンジワインは濁りがなく、透き通ったオレンジ色のワインに仕上がっています。彼らはビン詰めの際にフィルタリングを一切していませんが、熟成の過程で、長期間樽の中で静置し、上澄みだけをボトリングします。その為、美しく透明感のあるワインに仕上げることができます。濁りのあるオレンジワインも世界には流通していますが、ワインが持つ透明感を表現したいと考え、贅沢に美しい上澄みワインのみをボトリングして出荷しています。

色調は黄金に近いオレンジ色。
アカシアの花やアプリコットのような少しほろ苦い柑橘の香り。
口に含むと、密のようなふくよかな風味とオレンジピールのようなフルーティー、かつビターなニュアンスが合わさった複雑な味わいが続きます。

これからさらに注目を集めるオレンジワイン。
新たな味わいの発見とともに、幅広い料理とのマリアージュをお楽しみ下さい。

サーヴィス 田村桃子