お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶︎
このエントリーをはてなブックマークに追加

見逃しNG! 結婚式場の下見でのチェックポイントとは?

見逃しNG! 結婚式場の下見でのチェックポイントとは?

結婚式を挙げることが決まったら、真っ先に行いたいのが結婚式場探しです。

結婚式場によっては会場のイメージやアピールポイントが異なるため、理想の結婚式を実現させるためには、希望により近い式場を見つけ出さなければなりません。
具体的に式場を決めるまでには、ブライダルフェアや式場見学会を利用して、いくつかの式場を下見して回ることが大切ですが、このときどんなことに注意をしておくべきなのでしょうか。

今回は、結婚式場の下見で見ておきたいポイントをご紹介いたします。

挙げたい結婚式と式場のコンセプトは合っている?

まず、結婚式場の下見に行くときには、自分たちがどんな結婚式を挙げたいのかというイメージをハッキリとイメージしておくことが大切です。

「アットホームな式にしたい」「自然が感じられるガーデンウェディングがいい」「お料理にこだわりたい」など、ここだけは譲れないというポイントをいくつか挙げておきましょう。
どちらか片方の意見を通すのではなく、新郎新婦の2人で意見を合わせておくことも忘れずに。

自分たちの希望や理想に合うようなロケーション、プランなどをまとめて、それに合う式場をピックアップしましょう。

メイン会場以外のスペースや部屋も忘れずに見ておいて

結婚式場の下見をするとなると、披露宴会場となるメインフロアや受付スペースばかりに注目してしまいがちです。

しかし、意外と多いのが「メインの会場は素敵だけど、他の部屋がイマイチ……」というパターン。
自分たちの控室はもちろんですが、両親の控室やゲストルームなど、結婚式当日に自分たち以外の人が過ごすスペースも全てチェックしておきましょう。

見た目だけの問題ではなく、両家それぞれに控室があるか、花嫁の支度室はいつまで使えるのかなど、部屋の数や使用可能時間もポイントとなります。

プランの内容を全て確認しておこう

結婚式場によって、プランの内容はさまざまです。
会場の装花はプラン内でも、ウェルカムスペースは別ということも珍しくありません。
食事や飲み物に関しても、どこまでがプランに含まれてどこからがオプションになるのかなどをしっかりとチェックしておきましょう。

アルコールのメニューや、ウェルカムドリンクのサービス、オプションを追加したときのプラスの価格なども聞いておくと、あとでいくつかの式場を比較するときのポイントとなります。

ドレスやブーケ、カメラマンの持ち込みは可能?

「ウェディングドレスはすでに決まっている!」という場合や、当日の写真撮影は知り合いに頼みたいという場合は、ドレスやカメラマンの持ち込みが可能かどうかも確認しておきましょう。
持ち込み可能の場合は、持ち込み料が発生する場合がありますので、金額もチェックしておきたいところです。

ドレスやカメラマン以外にも、会場の装花やブーケ、引き出物などのウェディングアイテム全般においてチェックしておくと安心です。

ドレスやブーケ、カメラマンの持ち込みは可能?

結婚式場の下見はドキドキとウキウキで舞い上がってしまいがちですが、しっかりと細部までこだわってチェックをしておくことが大切です。
式場の設備やプラン、費用はもちろんですが、結婚式のサポートをしてくれるスタッフの対応や人柄などもとても重要なポイントとなります。

目につくところも、つきにくいところも意識をしてチェックして、最高の結婚式場を探し出しましょう!

東京ガーデンウェディング
Page Top