お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶︎
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーデンウェディングを彩る装花の基礎知識

ガーデンウェディングを彩る装花の基礎知識

結婚式は、長い人生の中でもとくに大きなイベントとなるもの。
家族や親族をはじめ、友達や同僚などたくさんの方を招待して行うものだからこそ、ゲストの目を楽しませられるような華やかな結婚式にしたいですよね。
ゲストからの高評価を得たり、自分たちが満足のいく結婚式を挙げるためには、いくつかのポイントがありますが、とくに目に見て分かりやすいのが会場の装飾です。

結婚式というおめでたい席には会場を飾り立てる花が欠かせないアイテム。結婚式ならではの装花で素敵な結婚式を実現させましょう。
今回は、ガーデンウェディングに焦点をあて、装花の基礎知識やオシャレな飾り方などについてご紹介いたします。

装花って何? どんなところに使うもの?

装花とは、結婚式会場全体を飾り立てる花のこと。
新郎新婦が着席する高砂やゲストが座るテーブル、入場口や受付など、さまざまなところにこの装花を飾ります。
絶対に用意しなければならないものではありませんが、装花があるのとないのとでは結婚式の印象が大きく左右するのです。

とくに外で行われるガーデンウェディングの場合、さらに装花の存在が大きく感じられるもの。
緑を引き立てる装花を取り入れて、結婚式をカラフルで華やかなムードに包み込みましょう。

装花の相場って?

装花は、ブーケや両親へ贈る花束なども含めると25万円程度が相場といえます。
会場全体を生花でいっぱいにしようとすると、意外と費用が高くなりがちなため、箇所によっては造花を使ったり緑を多くしたりして工夫する方も多いです。

また、花だけで飾るのではなくキャンドルやバルーンと組み合わせたり、ペーパーアイテムを併用するという方法もあります。

季節の花でリーズナブルに美しく!

装花を決めるときには、結婚式のイメージやドレスの雰囲気に合わせて考えていきますが、季節を意識して花選びをするのもおすすめです。

外で挙げるガーデンウェディングの場合は、風や気温などその季節の雰囲気を肌で感じることができるため、装花に旬の花を取り入れることでさらに季節感を演出することができます。
また、旬の花は市場に多く出回っているため、シーズンオフの金額と比べてリーズナブルに購入することができる場合があります。
なるべく費用を抑えたいという方におすすめです。

ガーデンウェディングでの装花の飾り方

ガーデンウェディングをよりオシャレに飾り立てるためには、装花の飾り方が大切です。
まずは会場のテーマカラーを決めて、それに合わせて花の種類を決めていきます。
ウェディングらしくホワイトをふんだんに使ったり、ハッピーオーラが満載になるようにピンクをたっぷりと取り入れたりと、自分たちらしいカラーコーディネートを楽しみましょう。

また、テーブルや高砂だけでなく、ウェルカムボードやマイク、グラスなどにも小さな装花を付けるとより細部までこだわったオシャレな雰囲気を醸し出すことができます。
細かなところにこそこだわって、周りの人たちと一歩差をつけたオシャレな結婚式を実現させましょう。

ガーデンウェディングでの装花の飾り方

自然のやさしさを肌で感じながら結婚式を挙げるガーデンウェディングは、トレンドやオシャレに敏感なカップルから高い支持を受けています。
ナチュラルなムードの中でオシャレ結婚式を挙げることができるガーデンウェディングを装花でブラッシュアップして、一生の思い出に残る結婚式にしましょう。

東京ガーデンウェディング
Page Top