お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶︎
このエントリーをはてなブックマークに追加

出す前にチェックをしよう! 結婚式の招待状の基礎知識

出す前にチェックをしよう! 結婚式の招待状の基礎知識

結婚式の会場や日程が決まったら、招待するゲストたちに招待状を送りますよね。

最近では、結婚式に使用するアイテムにこだわりを持つカップルが多く、招待状などのペーパーアイテムを手作りする方が増えています。
自分たちで一生懸命作った招待状をゲストに送れば、きっと喜んでもらえるはず。
招待状の基礎知識やマナーなどをチェックして、心のこもった招待状をゲストのもとへ届けましょう!

結婚式の招待状はいつ頃までに作ればいい?

結婚が決まると、式場探しやドレス選び、演出決めなどとにかくやることがたくさんあり、多忙な日々が続きます。

しかし、結婚式の招待状を手作りするときには、その忙しい合間をぬって準備をしなくてはなりません。
招待状は「結婚式の2か月前」にゲストのもとへ届くようにするのがマスト。
きちんと発送が間に合うように、時間に余裕をもって準備することが大切です。

また、結婚式当日の1ヶ月前には返信がいただけるよう注意書きを添えるようにしておきましょう。

招待状の文面で気を付けるべきことは?

招待状を作るにあたって、とくに重要になるのが文面のマナーです。
「、」や「。」といった句読点は、「終わり」や「切れ」などを連想させることから、お祝いごとの場面では使用しないのがマナーとなっています。
文章を区切るときには、スペースを入れたり、改行したりして読みやすいように工夫をしましょう。

また、漢字を使用するときにも気を付けたいポイントがあります。つい、「ご多忙の中」や「ご返信」などの言葉を使ってしまいがちですが、実はどちらもNG。
「忙」や「返す」という字はマイナスイメージを思わせたり、忌み言葉となってしまうのです。
このような言葉を使用するときには、ひらがなにしたり言葉を変えたりなどの工夫を取り入れましょう。

さらに、結婚式場の名前に英語が入っている場合には、誰もが読めるようにカタカナなどで読み仮名をふっておくことも忘れてはいけないポイントです。
招待状を作成するときにもおもてなしの心を持って、読みやすさや見やすさなどにこだわりましょう。

手書きのメッセージやお知らせなどを添えると◎

結婚式の日時や場所などの基本情報や挨拶文とは別に、その人に向けての一言メッセージを添えると、受け取ったゲストに気持ちを伝えることができます。
とくに、受付や余興などをお願いした友人などには、メッセージカードなどに「よろしくお願いします」「楽しみにしています」などのメッセージを添えておくといいでしょう。


また、お子さんがいる友人などを招待するときには「○○くんも一緒にいらしてください」などの一言を添えると、ゲストに安心感を与えることができます。

結婚式のイメージと合わせて招待状を作ろう

招待状の文面などが決まったら、全体のデザインやカラーなどを決めますが、これがとくに悩んでしまうものです。
ゲストの手元に初めに届く招待状のデザイン次第で、結婚式全体の印象がイメージされます。
そのため、予定している結婚式の雰囲気や飾りつけなどがマッチしたデザインにしておくと、全体にまとまりが出てオシャレ度もアップさせることができます。

ガーデンウェディングの場合には、ペーパーフラワーや葉などを招待状にあしらったり、レストランウェディングの場合には、料理のメニュー表のようなデザインにするなど、 少しデザインに工夫を加えるのがポイントです。


結婚式のイメージと合わせて招待状を作ろう

結婚式の招待状が素敵なものに仕上がると、受け取ったゲストの気持ちを高めることができます。
心のこもった招待状を用意して、素敵な結婚式への第一歩を踏み出しましょう。

東京ガーデンウェディング
Page Top