お問い合わせ

フェアご予約は
こちらから ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な家族の一員だから。ペットと作り上げるガーデンウェディング

大切な家族の一員だから。ペットと作り上げるガーデンウェディング

結婚式は、長い人生の中でもとくに思い出深い1日になります。
「せっかくならば、愛犬も一緒に参加させたい!」とお考えのカップルも多いでしょう。

厳粛なチャペルやホテルなどの結婚式ではペット参加NGというケースがほとんどですが、最近ではガーデンウェディングであればペット参加OKという式場も増えています。
ペットと挙げる結婚式を成功させるためにも、おすすめの演出や注意点などを学んでいきましょう。

ペット参加のガーデンウェディングに取り入れたい演出

・ペットと一緒にバージンロードを歩く
長く連れ添っているペットは、大切な家族の一員ですよね。
ペットとの思い出をより濃く残すためにも、バージンロードを一緒に歩くという演出はいかがでしょうか。

最近では、ペット用のウェディング衣装がたくさん販売されているので、ドレスやタキシードで正装させれば、結婚式らしさもアップします。
ペットとお揃いの衣装に身を包み、結婚式の見せ場を盛り上げましょう。
バージンロードを一緒に歩くときにはゲストのほうに走り出したりしないように、しっかりとリードを持っておくことが大切です。

・愛犬のリングドッグ
リングドッグとは、指輪の交換の儀式の前に結婚指輪を運んでくる犬のこと。
子どもたちが行うリングボーイやリングガールは有名ですが、これの愛犬バージョンです。

愛犬の首輪に結婚指輪をくくりつけておき、新郎新婦のもとへ届けてもらいます。
まっすぐと新郎新婦のもとに歩みを進める犬を見ていると、感動が高まること間違いなし。

リングドッグの演出を行うためには、念入りなしつけや練習などが必要になりますが、成功したときの達成感や思い出は大きくなるでしょう。
もし愛犬だけで届けさせるのが不安だという場合には、オシャレなカートを用意し、その中に愛犬を入れて誰かに引っ張ってもらうという方法がおすすめです。
カートの中からひょっこりと顔を出す犬を見れば、あまりの可愛さに思わずゲストの表情もほころぶでしょう。

ガーデンウェディングにペットを参加させるときの注意点

・あらかじめゲストに了承を得ておく
可愛らしいワンちゃんがウェディング仕様の衣装に身を包み、ゲストをお出迎えする姿はとてもキュートですが、すべてのゲストが愛犬家というわけではありません。
中には、犬が苦手だったりアレルギーを持っている方もいます。
すべてのゲストが気持ちよく結婚式に参加できるようにするためにも、招待状などでペット参加であることを告知しておきましょう。

・食事中にはペットを別室に移動させておく
ペットが結婚式に参加することには抵抗がなくても、食事中は控えて欲しいと感じるゲストもいます。
とくに、結婚式の食事といえば、ゲストにとって楽しみにしているものの1つです。
落ち着いて新郎新婦がもてなす料理を楽しみたいという方もいるため、食事の時間になる前にペットは別室に移動させておくのがベターです。

・ペットトレーナーを付き添わせる
ペットの扱いに慣れている家族や自分自身は、結婚式中自由に身動きが取れない場合がほとんどです。
ペットの面倒を見ることができなくなるため、動物の扱いに慣れているペットトレーナーを付き添わせておきましょう。

こんなフォトプロップス見たことない! 一風変わったおすすめデザイン

可愛らしいペットが参加するガーデンウェディングは、とても微笑ましいものですが、マナーや節度を守ることも忘れてはいけません。
素敵なペット参加型のガーデンウェディングを計画して、人生最高の思い出を作り上げましょう。

東京ガーデンウェディング
Page Top